スポンサードリンク

猫の完全室内飼育をススメる本当の理由

かつて日本では猫は自宅と外を自由に行き来するのが常識でした。

 

一日の散歩コースで猫好きさんから美味しいおやつをいただいて、

自宅でも夜ご飯を食べるちゃっかり猫も数多くいたものです。

 

しかし、時代は変わりました。

 

車は一家に一台から一人に一台になり、交通量が爆発的に増えました。

公園も砂場で猫がトイレをするからと猫を忌避する傾向があります。

 

その反面、猫は飼えないけれど可愛いから餌はやりたいと、

避妊・去勢をせず野良猫に餌を与え続けて無責任に猫を増やし続ける人も居ます。

 

筆者は水入りのペットボトルを家の周りにびっしりと並べているお家を見かけると、とても悲しい気持ちになります。

(ちなみに、水入りペットボトルが猫避けになると言うのは俗説で、効果の程は疑わしいようです。)

 

猫嫌いの人たちは、本当は「猫好き嫌い」であることが殆どなのです。

猫を飼う一人ひとりがマナーを守って飼育する事で、軋轢を防ぐことが出来るはずです。

 

どうすればよいのか。答えは一つです。

 

あなたはあなたの猫を完全に室内で飼育することです。

 

家の外は危険がいっぱいです。

交通事故や猫同士の縄張り争いの喧嘩では、単なる怪我だけでなく病気が移ることもあります。

猫嫌いの人たちから保健所に連れて行かれることもあるでしょう。

 

また、信じられないことですが、猫を虐待目的や、動物実験先へ売りつける目的で捕獲する人々もいるのです。

 

お外は危険がたくさん。あなたの猫はお家から出さないようにしましょう。