スポンサードリンク

子猫を飼い始めるために必須な8つのアイテム

子猫を迎えるにあたり、必要なものが色々とあります。

離乳が済んだら慌てない様に、事前に準備しましょう。

 

1.トイレ用品

トイレ用品は必須です。

猫砂とペットシートがありますが、特別な事情が無い限り猫砂で十分でしょう。

猫トイレは毎日掃除をしなくて良いもの、デザインに凝ったもの等様々な種類が販売されていますが、

筆者の経験上で言うと、トイレ内の空間が広いものが猫に好まれました。

 

猫砂も鉱物系、紙系、おから系、シリカゲル系等多様なバリエーションで展開されています。

これは猫の好みになるので、一概にどれが良いとはいえません。

一番ポピュラーな鉱物系を使ってみて、気に入らないようならば他の猫砂を試してみるのも良いと思います。

 

あれこれトイレ砂を変えると猫にストレスがかかるので、入手が容易なものを選ぶのも大切です。

ちなみに筆者の猫は、おから系は食べてしまい使用厳禁でした。

 

猫にトイレのしつけは特に必要ありません。

最初に猫をトイレに入れて場所を覚えさせれば後は自分からトイレでするようになります。

 

 

2.キャットフード

子猫には必ず「キトン」と書かれた子猫用のフードか、全年齢対象のフードを与えましょう。

フードには「総合栄養食」と「一般食」がありますが、

「一般食」はいわゆるおやつのようなもので、猫に必要な栄養を満たしていません。

 

必ず「総合栄養食」を与えましょう。

 

 

3.食器

食器は、フード用と水飲み用の2種類を用意します。

プラスチック系は表面に付いた小さな傷からバイ菌が繁殖することがあるので、

陶器でできたある程度重みがあるものがオススメです。

 

軽いものはひっくり返ったりしてしまいます。

 

 

4.爪とぎ器

爪とぎは猫の本能です。

爪をといでいるときの猫の必死の表情やうっとりとした表情を見れば、

如何に猫にとって爪をとぐことが重要なのかがあなたにも分かるでしょう。

 

壁や家具を守る為にも猫が気に入る爪とぎ器を用意しましょう。

 

 

5.玩具

子猫は遊ぶことが仕事です。

飼い主とコミュニケーションを図り、ストレス発散をする為にも玩具を用意しましょう。

 

高価な物である必要はありません。

ペットボトルのふたや軍手等、様々な物が猫にとっては魅力的な玩具に変わります。

 

なお、携帯電話のケーブル等もとりわけ猫の好む玩具になりますので、取り扱いには注意しましょう。

 

 

6.お手入れ用品

爪切り、ブラシ、長毛種はコーム等を用意しましょう。

 

 

7.キャリーバッグ

動物病院に連れて行く際等に使用します。

子猫のうちにキャリーバッグをベッド代わりに室内に常備すると、キャリーバッグを見ても怖がらない猫になります。

なお、動物病院に連れて行く時は、キャリーバッグに入れる前に、洗濯ネットに入れるのがマナーです。

 

 

8.首輪

完全室内飼育でも、いざという時の為に猫の名前と飼い主の名前、連絡先等が分かる迷子札付きの首輪を付けておくと安心です。