スポンサードリンク

外猫の被害を予防するには

A:アパート上の住民が外猫に餌付けをしていて、一階の自分のスペースで猫がおしっこをして悪臭に困っています。どうにかする方法はありませんか?

 

Q:大前提として、私は猫は室内飼育をするべきだと思っています。それは猫自身の安全を守ると共に、このように外で無関係な人に迷惑をかけないようにするためです。大体の「猫嫌い」の人は、追及していくと「猫好き嫌い」であることが多いのです。

 

外で暮らす猫が食餌に飢えていて可哀想だと思う気持ちは理解できます。しかし無闇に餌付けすることは、新たに外で暮らす二世、三世を産んでいく行為であり、真の意味で猫の幸せを考えた行為とはいえません。

 

さて、具体的な対策は水入りペットボトルを置く、猫の忌避剤を置くなどと言われますが、これらの効果に信憑性はありません。

 

根本的な解決は餌付けをしている人と話し合いの場を持つことです。大抵の場合、餌付けを行なっている人は良い行いをしているつもりで、他人に迷惑をかけているという自覚がありません。

もし自分で話をしづらい場合は、地域でボランティア活動をされている方にアドバイスを求めるといいでしょう。中には間に立って調整をしてくださる方もいます。

 

再三の繰り返しになりますが、猫は室内で飼育しましょう。