スポンサードリンク

猫から人間へ感染する病気

url

 

Q:猫から人間へうつる病気はありますか?

 

 

A:あります。

 

 

人畜共通感染症(ズーノーシス)と呼ばれる現象で、咬まれたり、ひっかかれた際に感染します。

また、唾液、体液、尿、糞便などから感染することもあるので、

猫とキスしたり、トイレ掃除の後に手を洗わない等は感染の原因となります。

 

具体的な感染症を以下に挙げます。

 

 

 

咬まれたり引っかかれたりしておこる猫から人へ感染する病気

 

  • 狂犬病

狂犬病は非常に恐ろしい疾患です。症状が発現したら必ず死亡します。

現在日本では狂犬病は撲滅されたと言われていますが、海外から動物が輸送される中でいつ狂犬病ウィルスが蔓延しないとも限りません。

予防方法は完全室内飼育にして、他の犬猫、アライグマ、スカンク、蝙蝠などと接触させないことです。

 

  • ネコ引っかき病

猫の爪や牙には様々なバイ菌が住んでいます。通常であれば腫れる程度で済みますが、体力が落ちている時やご高齢者が感染した場合、重篤な症状になることがあります。

予防方法は咬まれたり引っかかれることに慣れっこにならず、きちんと躾をすることです。

 

  • 外傷性パスツレラ症

パスツレラ症の原因菌は、特に猫の口内に高率に存在します。

体力が落ちている時やご高齢者が感染した場合、重篤な症状になることがあります。

予防方法は咬まれたり引っかかれることに慣れっこにならず、きちんと躾をすることです。

 

 

 

日常生活に関係の深い猫から人へ感染する病気

  • トキソプラズマ症

ネコ科の動物の糞便中に排出される原虫及び食肉中の原虫を経口的に摂取して感染します。まれに、原虫が傷口等から侵入することがあります。

妊婦が感染した場合、胎児が感染し先天性トキソプラズマ症を発祥することがあります。これが昔から「嫁が妊娠したら猫は棄てろ」と言われる由縁です。しかし、正しい知識を持って対処すれば全く恐れる心配の無い疾患です。

予防方法は猫のトイレを掃除したら手をきちんと洗う、怪我をしている場合は手袋を使う等です。

 

  • 皮膚糸状菌症(白癬)

いわゆる水虫です。感染した猫や、感染猫により汚染された衣類、じゅうたん、家具などから感染します。

予防方法は掃除を怠り無く行い、常に環境の清潔さを保つことです。

 

  • 幼虫移行症

病原体の虫卵や子虫に汚染された土壌や水、野菜を経口的に摂取するか、或いは病原体の寄生している動物との接触によって感染します。

予防方法は特に幼児が砂場で遊んだ後や動物に接触した後は、十分に手洗いをする習慣を付けさせることが大切です。

また、この病気で忘れてはならないのは、食品からの感染です。最近は牛や鶏の肉や肝臓を生食することによる感染が増加しています。野菜類にも注意が必要です。これらの食品は十分に水洗し、或いは加熱調理してから食すようにしましょう。

 

  • ノミ刺症

ノミに刺されることで感染します。まれにアレルギー反応を引き起こすことがあるので注意が必要です。

予防方法は猫のノミ対策を取ることです。

 

 

食中毒を引き起こす猫から人へ感染する病気

  • サルモネラ症

猫から幼児に感染する例も多く、注意が必要です。

予防方法は幼児には動物と遊んだ後は十分に手を洗う、動物と遊びながら飲食はしない、決まった場所で遊ぶようにする等、基本的な衛生観念を幼児に教育するようにします。

 

  • カンピロバクター腸炎

動物の糞便に汚染された生肉、生乳、飲料水、その他食品を摂取することにより感染します。

予防方法は汚染された食料を摂取しない、食料は十分に加熱処理する等です。

 

 

その他の代表的な猫から人へ感染する病気

  • マダニ

外出時に森林や草むらに居るマダニに寄生されることで感染します。

猫に寄生する場合、特に目の下や頸部に寄生します。しかし、マダニを素手で触ったり、あるいは無理に取り除こうとしてはいけません。深く食い込んでいるマダニの頸体部が猫に残り、胴体部が引きちぎれて体液に接触してしまいます。マダニの体液には病原体が含まれている可能性があるので非常に危険です。

予防方法は動物病院でノミ除去薬を処方してもらいましょう。また、猫を屋外に出さないことが重要です。