スポンサードリンク

厳選4冊!猫の栄養学について学ぶ本

「小動物の栄養マニュアル」フォームプレス

ref=dp_image_0-5対象:動物関係者

 

猫、犬、エキゾチックアニマルの栄養学や、

治療中の食餌の与え方などについて書かれた本です。

 

かなり専門的な内容を含むので、

一般の方が手に取る必要は無いと思います。

 

※現在は絶版しており中古本しか入手できません。

 

 

⇒小動物の栄養マニュアルをアマゾンで確認する

 

 

 

「ネコ百科シリーズ ネコの食事百科」誠文堂新光社

ref=dp_image_0-6対象:一般人

 

基礎的な栄養学からライフステージ別、

病気別などの食餌について言及しています。

 

特に肥満猫と高齢猫の食餌についてページを割いている点が特徴です。

 

 

 

 

 

⇒ネコの食事百科をアマゾンで確認する 

 

 

 

「犬と猫のための手作り食」光人社

ref=dp_image_0-7対象:全般

 

手作り食といってもレシピより

栄養学についてページを多く割いている、希少な猫栄養学の本です。

 

私の猫がアレルギーを起こした際に、

参考にさせていただきました。

 

レシピはさすが西洋、大味です。

参考にならないと思ったほうがよいでしょう。

 

⇒犬と猫のための手作り食をアマゾンで確認する 

 

 

 

「ネコの食事ガイド」中央アート出版社

ref=dp_image_0-8対象:一般人

 

ガイドを名乗るだけあり、

単なるレシピ本ではなく何故その食餌なのか?

猫にとって必要な栄養素とはどのようなフードで満たされるのか?

という点に重点を置かれています。

 

レシピも比較的他の書物より手に入りやすいものを挙げていますので、

手作り食に挑戦したい方は先ずこの本から始めてはいかがでしょうか。

 

 

⇒ネコの食事ガイドをアマゾンで確認する