スポンサードリンク

一体どのワクチンがいいの?::猫用ワクチンの種類と特徴

ワクチンは様々な病気からあなたの猫を守ってくれる強い味方です。

しかし、まれにワクチン肉腫、すなわち癌を引き起こすことがあるのです。

 

また、猫によってはアナフィラキシーショックを起こすこともあります。

一度でもアナフィラキシーショックを起こした猫は同じメーカーのワクチンは二度と使ってはいけません。

 

このように、便利だけれど使い方次第では恐ろしい事態を引き起こすのがワクチンです。

正しい知識をつけて、ワクチンを使いこなしましょう。

ワクチンには大きく分けて次の二種類があります。

 

  • 生ワクチン:弱毒化されたウィルスが生きているワクチン
  • 不活化ワクチン:病原体を殺して、免疫をつくるのに必要な成分だけを取り出したもの

 

一般に、生ワクチンの方が安全性は高いが効果が弱く、

不活性ワクチンの方は効果が長持ちするが副作用を起こしやすいといわれています。

それは不活性ワクチンに含まれる、アジュバントという物質がワクチン肉腫を引き起こす一因と言われているからです。

 

 

<ワクチンの種類>

三種混合ワクチン

予防できる病気の種類は猫ウィルス性鼻気管炎、猫カリシウィルス感染症、猫汎白血球減少症

 

四種混合ワクチン

上記に加え、猫白血病ウィルス感染症

 

五種混合ワクチン

上記に加え、クラミジア感染症

 

七種混合ワクチン

上記に加え、複数の猫カリシウィルス感染症(猫カリシウィルス感染症は多くのタイプがあり、

七種混合ワクチンでは複数の猫カリシウィルス感染症を予防します。)

 

 

アメリカでは既に猫免疫不全ウィルス(猫のエイズ)、

伝染性腹膜炎のワクチンも開発されていますが、日本への輸入はまだ目処が立っていません。

 

 

完全室内飼育の猫ならば三種混合ワクチンの接種のみで十分だと思います。

さて、こんなにたくさんのワクチンがあると、どれを使えばよいのか分かりませんよね。

実際、獣医師任せにしている方が殆どだと思います。

 

筆者もよくどのワクチンが良いか質問を受けます。

無責任ではありますが、筆者の独断と偏見だけで申し上げれば、

完全室内飼育の猫ならば三種混合ワクチンの接種のみで十分だと思います。

 

理由は筆者の猫が四種混合ワクチンを接種した際に、

実際に高熱を出して具合が悪くなったことがあるためです。

どうも、猫白血病ウィルス感染症のワクチンが猫には負担が大きいようです。

 

家から出ない猫であれば猫白血病にかかる可能性は殆ど皆無です。

以上の理由から、筆者はこの質問を受け付けたとき

 

「私は三種混合ワクチンの生のみで十分だと思うよ。でも決めるのはあなたですよ。」

 

とお答えしています。